ゆいどん(1歳)がドはまりしたお絵描きボードの進化がすごい!プレゼントにも最適かも♪ ~勝手レビュー⑪~

スポンサーリンク

こんばんは。どんパパです。

久々の勝手レビューのお時間がやってまいりました!

今回はゆいどんが最近どハマりしている”アンパンマンのお絵描きボード”をです!

正式名称は「アンパンマン 天才脳おしゃべりらくがき教室DX」なのですが、正直、天才脳って・・・って感じなので、ここでは「アンパンマンのお絵描きボード」と書かせていただきます。

アンパンマンのお絵描きボードは親族の結婚式の時に、ゆいどんへのプレゼントとしてもらいました(事前に何が欲しいかと聞かれて、お絵描きボードをお願いしていた)。

もらってから1ヶ月、ゆいどんの遊んでいる状況や、最近のお絵描きボードの進化具合をご紹介します!

1 お絵描きボードの進化

昔からあるおもちゃのお絵描きボード。

ペン先に磁石がついているペンでボードの上をなぞると、ボードの中の砂鉄がくっついて絵が描けて、何度も書いたり消したりできる優れものです。

友達の家にあって、よく遊ばしてもらったな…

さて、このお絵描きボード、仕組みは簡単なので、自分が遊んでいた当時から20年どう進化したのでしょうか。

(出典:Amazon)

まず大きな特徴としては、そこそこ細かい描写ができるようになっています。

もちろん仕組み上、限界はありますが私が使ってた時から比べるとめちゃくちゃ進化です。

昔のお絵描きボードってこんな感じ

もう一つ大きな進化がペンから音が鳴るところです。

ペンにあるスイッチを入れて、ペン先がボードに当たるとペンからアンパンマンの声がでます。

ペンに付いているスイッチを切り替えるとメロディーが流れたりもします。

このアンパンマンの声ですが、ペン先がボードに触れる度に最初から流れるので、

「じょうずじょうず〜↑↑」

と鳴るところ、連続でタッチすると、

「じょ、じょ、じょ、じょうず、じょ、じょ、じょうずじょうず〜↑↑」

という感じで、バグったアンパンマンみたいになります。。。笑

音楽は、ペン先が触れてる間は鳴り続けるという感じで、合計10種類ぐらいの曲が入ってます。

とまあ、進化っちゃ進化ですが、音量が変えれなくて、そこそこ大きめの音なのでほとんどこの機能は使ってません(汗)

ペンの他には、アンパンマンとバイキンマン、ドキンちゃんのスタンプが付いているので、これを使えば簡単にアンパンマンを描くことができます。

2 ゆいどんの遊んでいる状況

ゆいどん、お絵描きボードがめちゃくちゃお気に入りで遊んでいます。

お風呂から出て半裸の状態でも、おもちゃ箱にしまっているのを引っ張り出してきて、

かーきーかーきー

と言いながらぐるぐる書いてます。

真っ暗になったボードを消すのも楽しいみたいで、

「けしけしして」とお願いすれば、

けーしーけーしー

と言って何回も消してくれます。

絵本に出てくるカタツムリやチョウチョを描いてあげたり、ゆいどんの顔を描いてあげたり、無限に楽しめます。

そして、大人も楽しんでます。笑

嫁(ゆいどんママ)はゆいどんがひとしりき遊んで飽きた後も一人でずっと描き続けてたりします。

  

いかがでしょうか。

我が家がハマっているお絵描きボードの魅力に皆さんが気づいてもらえると嬉しいです。

お絵描きボードも色々な種類が出てるので、買うときは比較してみてくださいね!

幼少期のお絵描きは脳の発育にいい(天才脳??知らんけど)と聞くので、そういう点でもすごくオススメです。

では、楽しい育児を!

 

アンパンマンのお絵描きボードをAmazonで探してみる!

アンパンマンのお絵描きボードを楽天で探してみる!

インスタはこちら

コメント