赤ちゃんと外食を楽しめるベビーチェアベルトが便利すぎる!使い心地や注意点などをご紹介♪ 〜勝手レビュー③〜

スポンサーリンク

こんばんは。どんパパです。

勝手レビュー第三弾は「ベビーチェアベルト」です!

ベビーチェアベルトがあったおかげで外食の時に何度救われたことか。

これを持ってるだけで、外出や外食をするときでも安心感が全然違います!

今では我が家のお出かけ必須アイテムになっているので、ご紹介しますね。

ベビーチェアベルトって何?

ベビーチェアベルトって初めて聞いた人もいるんではないでしょうか。

大人用のイスなどに取り付けられる、おすわり補助ベルト。
帰省先やおでかけ先のレストランなどベビーチェアがない場合や、ベルトなしハイチェアーなどでもお子様を1人で座らせられます。
ママの腰につければ両手が空いてお食事もラクにできます。
軽くてコンパクトで持ち運びに便利。ママバッグに入れても邪魔になりません。

日本エイテックス ウェブサイト

つまり、ベビーチェアが無くても、大人用の椅子をベビーチェアとして使うことができる神アイテムなんです!

(出典) 日本エイテックス ウェブサイト


我が家とベビーチェアベルトの出会い

ネットサーフィンとインスタで情報収集を日々欠かさない嫁。

どこかのサイトで紹介されていたベビーチェアベルトを見て、ほしい!と相談されました。

もともと休日はよく外食する私もこれはいいんじゃないかということで、赤ちゃん本舗で購入です。

ちなみに我が家が買ったベビーチェアベルトは日本エイテックスという会社のキャリフリーチェアベルト という商品のデニムスターという柄でした。


(出典) 日本エイテックス ウェブサイト

ベビーチェアベルトの便利なところ

なんと言ってもベビーチェアがないレストランで、赤ちゃんと一緒にご飯を食べれるところです。

もし大人用のちょうどいい椅子がなければ、大人の腰にベビーチェアベルトを使えば、大人の膝が超簡易のベビーチェアになります!

あと、ベビーチェアがお店にあっても、ベルトがゆるゆるで

 これ、まじでベルトの意味ある

 すぐ脱走するでこれ。

 (抜け出して)テーブルの上乗ったらかあかんー!!

とかいうことありませんか?

そんな時はベビーチェアにこのベルトをつければ、しっかり赤ちゃんを椅子に固定できます。

ベビーチェアベルトで脱走できないゆいどん

しかも、畳めばめちゃコンパクトなので、持ち運びも便利です。

ベビーチェアベルトの注意点

ベビーチェアベルトが付けれる椅子の形が限られているので、お店に入ってから、

 うわ!この椅子ベビーチェアベルト付けれへん!

ってなる危険性があります。

付けれない椅子は椅子の背もたれが下までないタイプの椅子です。

背もたれがちゃんとないと、赤ちゃんが隙間から後ろに落ちてしまう危険性があります。
(↓こんな椅子です)


Dining Chairs / justdining726

なので、レストランに入る前に

 ここの椅子どんな感じかな?

って確認しないといけません(笑)

窓から覗けるようなお店ならいいですが、まったく分からないお店だと結構不安になります…

入ってから付けれない椅子だとわかった時、

 椅子の形が気に入らないので、入るの辞めます

みたいな、わけわからん感じになります(笑)

あと、動きが活発な赤ちゃんはかなり強く締めないと抜け出してしまいます。。。

ゆいどんも何度抜け出しそうになったことか…

ベビーチェアベルトで固定してるからと言って目を離すのは厳禁です!

ちなみに最近のレストラン検索サービス では、子連れにオススメのレストランとか調べれるみたいです。

ベビーチェアとか、椅子の形まで調べれたらいいんですけどね(笑)

 

外食への精神的安定剤になるベビーチェアベルト。

ベビーチェアーがある店が少なかったり、ベビーチェアの争奪戦が怖い。。。となってしまって、外食への気持ちが離れてしまっている方におススメです!

なんといっても、外食って作らなくて楽だし、大人の気分転換にもいいですもんね。

では、楽しい育児を!

 

ベビーチェアベルトをAmazonで調べてみる

ベビーチェアベルトを楽天で調べてみる

子連れにおすすめのレストランを調べてみる

 

 

インスタはこちら

コメント