【出産レポート】産まれる直前の状況とは!?赤ちゃんが産まれた直後に注意すべきことはコレ! 〜出産の思い出。お産編⑩〜

スポンサーリンク

こんばんは。どんパパです。

入院、出産エピソード第10弾をお届けします!

前回記事はこちら

今回はゆいどんが産まれる直前の状況と、産まれた直後に注意しないといけないことについてのお話です。

コレ、本当に何度も担当医に言われました。

いつも冗談(アステカ式とか)を言っている担当医が真顔で言うからには、本当にやばいんだろうなと。。。

そこで、嫁をどうやったら止めることができるか、いきむ嫁の横でシミュレーションしていました。

いきむ嫁を止める方法の案(妄想)
 ① 抱きしめて、「終わった、終わったよ!」と言って落ち着かせる。
 ② 無理やり手を胸に持って行って、担当医の言葉を思い出させる。
 ③ 「産まれたー!!!!」と結構でかめの声をあげて、気をそらす。
 ④ 軽くビンタ。

いろんな方法が頭の中をグルグルと回っている中、ついにその時は来ました。

思ったより、うちの嫁は優秀(笑)で産まれた瞬間にいきむのを止めました。

せっかくシミュレーションをしたのに、ここも出番はありませんでした。。。orz

さて、出産の立ち合いですが、立ち合いする人は産む人の隣に立つことになります。

そのため、実際に産まれてくる局部を見ることはありません。

でも好奇心旺盛な私は

「頭見えてきたよ!」

という助産師さんからの声を聞いて、覗いてみたんです。

見えました。髪の毛。

エコーのときからゆいどんは髪の毛が多いって聞いていたんですが、実際に局部から出てきている髪の毛を見ると、さすがに

「おぉ、おぉぉぉぉぉ。いや、マジかこれ。リアルガチですごいな。」

と生命の神秘を感じることができました。

もし、血に強い旦那さんがいれば、ちょっと覗いてみるのもいいかもしれません。

間違いなく一生の思い出になると思いますよ。。。

 

インスタはこちら

コメント