保育園準備!素早く簡単にキレイにオムツへの名前付けをするオススメの方法をご紹介!

スポンサーリンク

こんばんは。どんパパです。

4月から保育園に行きだして、約2カ月。

この生活も軌道に乗ってきたかと思いきや、ゆいどんは保育園から風邪やら嘔吐下痢やら色々もらってきてしまい、両親の有給休暇の消化が激しい今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、保育園に通う毎日の持ち物の一つにオムツがありますよね。

ゆいどんが通っている保育園は毎朝7枚ストックがあるように、オムツを持って行かないといけません。

そして、持っていくオムツすべてに名前を書かないといけません。

これが、服に名前付けをする以上に、めんどくさいのなんのって・・・

たぶん同じような不満を持っている方がいるかもしれませんので、我が家が実践しているオムツへの名前付けの方法をご紹介します!

ザ・定番!油性ペンで書く!!

誰もが思いつき、そして大多数の方が油性ペンを使って名前付けをしていると思います。

我が家も4月中は油性ペンで書いていました。

ですが、そのめんどくささへの嫌気がマックスになった嫁。

あかん!めっちゃめんどくさい!字が汚くてイヤやし、ほんまもう無理!

何この名前書いてる時間。
人生で名前書いてる時間トータルしたら一か月ぐらいなるんちゃう!

とまぁこんな感じで、文句が止まらなくなりました。

どんパパが代わりに書いてあげようと思ったのですが、嫁以上に字が汚く、保育園の若い先生に嫌われるのを恐れ、名前付けをしてあげるのはちゅうちょしていました。

そこで、油性ペンで名前を書く以外の方法で、誰でも素早く簡単にキレイに名前を書く方法を模索し始めました。

消しゴムはんこですべて解決!

ある日、どんパパが仕事から帰ってくるとニヤニヤした嫁が出迎えてくれました。

ぐふふふふ。

これ作って~ん。

棚の上を見ると、ゆいどんの名前が彫ってある消しゴムはんこが。

ニヤニヤの原因はこれか。。。笑

でも、この消しゴムはんこ、結構クオリティが高いんです。

消しゴムはんこって小学生とかでよく作ったなーと懐かしい感じがしません?

お分かりの通り、百均で売っている消しゴムに名前を彫るだけで完成する超お手軽ハンコです。

我が家流!超簡単な消しゴムはんこの作り方♪

①マスキングテープに水性のサインペンで名前を書く

マスキングテープは重なりが無いようにテーブルに貼ります

②消しゴムに水性のサインペンで書いた名前を転写する

強く消しゴムを押し付けます
大体の形が転写できればOK
転写された文字の上からさらにサインペンでなぞって見えやすくします

③カッターや彫刻刀で名前以外の部分を彫る

角にインクが付くと押すときにジャマなので、角を落とします

これで完成です!!

消しゴムはんこを作るときのコツは

キレイに作りすぎないこと!

どうせオムツはシワシワですし、全部キレイに押せるわけじゃないですからね。

あと、消しゴムはんこでオムツに押すときの注意点が2つあります。

1つ目は、インクにこだわること。

百均で売っている水性のインクだとオムツは弾いてしまって、全然乾きません。

一晩おいてみましたが、全然ダメでした。

我が家が使っているインクは、ステイズオンというプラスチックやビニール袋といった水を吸わないようなものにもハンコを押せるインクです。

これを使えば、オムツにキレイに消しゴムはんこが押せます。

乾くのも30分ぐらいで結構早いです。

2つ目は、オムツの真ん中に押すこと。

名前を書く場所が印刷されているオムツもありますが、なるだけシワの少ない真ん中に押す方がキレイに押せます。

我が家はおむつを買ってくると、とりあえず全部のおむつに名前を押してからストックするようにしています。

朝バタバタしているときに、オムツに名前書いてないー!ってなったら最悪ですので。

 

毎日消費するオムツへの名前付け。

大量だからこそ、素早く簡単にキレイに名前付けしたいですよね。

我が家流のやり方は結構オススメなので、ぜひ試してみてください!

では、楽しい育児を!

 

ステイズオン(インク)を調べてみる

 

 

インスタはこちら

コメント