赤ちゃんと新幹線に乗るときのコツはたったこれだけ!予約方法やオススメ座席などをご紹介♪

スポンサーリンク

こんばんは。どんパパです。

もうすぐドキドキワクワクの大型連休ですね。

皆さんは赤ちゃんと実家に帰るとき、どんな交通手段を使ってますか?

我が家は東京→関西ってのもあって、新幹線を使っています。

そういえば新幹線の車内販売で売られていたスジャータのカチカチアイスがなくなったみたいですね。

あれ、ホットコーヒーと一緒に食べたらめちゃくちゃおいしかったのに、悲しい。。。。

さて、この記事では我が家が実践している、新幹線の座席の取り方と、赤ちゃんがいるときにオススメな座席、新幹線での時間の潰し方をご紹介します!

簡単で便利な新幹線の予約の方法

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る時、自由席ってめちゃ不安じゃないですか?

特にゴールデンウィークとかの自由席は、座れるかどうかわからないところと、座るためには発車のすごい前から並ばないといけないのが最大の不安要因です。

もし座れたとしても、通路のところまでいっぱいで、赤ちゃんも大人も落ち着きません。

なので、新幹線に乗る時は指定席を使っています。

さて、ここで質問です。

新幹線の予約っていつから取れるかご存知ですか?

ポクポクポクポク。。。チーン!

正解は、乗車日の1ヶ月前の朝10時からです!(5月5日に乗りたいときは4月5日の10時から予約可能)

なので、ゴールデンウィークとかお盆、お正月の1ヶ月前はみどりの窓口とか券売機がかなーりの行列になっています。


行列 / keyaki

10時ちょうどから販売スタートなので、取りたい席がある時は10時のタイミングで駅にいないといけないため、めちゃくちゃ大変です。

我が家はスマートEXというサービスを使って、スマホから予約してます(年会費無料)。

スマートEXを使えば家や職場にいながら、スマホでサクッと新幹線を予約できちゃいます。

乗車日の1ヶ月前の朝10時にリマインダーをかけておけば、忘れずに予約できます^^

しかもキャンセルや予約変更もスマホ上ですぐできます。ほんと、このサービスに何度救われてることか…


赤ちゃん連れでオススメな新幹線の座席

オススメの座席というか号車はズバリ11号車か12号車です!

11号車にはオムツ替えや授乳ができる多目的ルームがあります。

(出典)JR東海 ウェブサイト
多目的ルームの写真

赤ちゃんに授乳させたい時に備えて、近くに多目的ルームがあるのは便利ですよね。

また、多目的ルームの前が少し広くなっているので、赤ちゃんが泣いた時にデッキであやしやすいです。

しかも、多目的ルームがあるので、11号車と12号車は赤ちゃんとか子供連れの家族が多いんですよね。

そのため、赤ちゃんが多少座席で騒いでも他の席もワーキャー言っているので、精神的にかなり楽です。笑

11号車には、車椅子やベビーカーを固定することができる席もあるので、大型のベビーカーを持っているご家庭はその席を予約してみてはどうでしょうか?

新幹線での時間の潰し方のアイデア

新幹線の中ってそこそこ狭くて,できることって限られていますよね。

赤ちゃんが退屈しないような時間のつぶし方のアイデアをいくつかご紹介します。

ご飯を食べる

お昼の12時ぐらいに新幹線乗るようにすれば、ご飯を新幹線の中で食べさせれます。

家のようにつかみ食べとかはできませんが、ゆいどんはご飯食べてる時はある程度は大人しくしてくれます。

デッキで抱っこして完全に寝かせる

先に書いたように、多目的ルームの前には結構なスペースがあります。

いっそ、抱っこしてそこで完全に寝かせてあげるというのも手です。

おんぶで寝てくれれば、駅弁も食べれます(笑)

動画を見せて気をそらせる

もう最終手段です。

ご飯もダメ、お菓子もダメ、おもちゃもダメ、寝てもくれないという時、スマホで赤ちゃんが好きな「いないいないばあっ!」とかの教育番組を見せるのはどうでしょう。

さすがに音は出せませんが、映像だけでもかなり気がまぎれると思います。

1か月だけ無料の動画サービスがあるので、そういったのを新幹線に乗る前に入っておけば、いざという時に役立つかもしれませんね。

ちなみに、U-NEXTという動画サービスなら「いないいないばあっ!」も見れます。

 

新幹線に乗ると、2時間ぐらい狭い空間でじっとしていないといけないので、赤ちゃんにとっては苦痛ですよね。

その苦痛を少しでも和らげてあげれれば、親も精神的に楽になることは間違いなしです。

ちょっとの工夫で楽しい里帰りになると思います。

皆さんの連休が楽しいものになりますように!

では、楽しい育児を!

 

U-NEXTについて調べてみる

 

 

インスタはこちら

コメント