人工芝で代用する効果と注意点 〜我が家のベビーゲート問題②〜

スポンサーリンク

こんばんわ。どんパパです。

今回はベビーゲートの代わりによく使われる人工芝の効果について、検証結果(ゆいどんの場合)をご紹介します。

とおせんぼ6
とおせんぼ7
とおせんぼ8
とおせんぼ9
とおせんぼ10
とおせんぼ11

こうして、嫁の悪巧みは終了し、寝室の入り口から人工芝は撤去されています。

他のネット記事等を読むと、効果があったよーと書いているのもありますが、やはり絶対に乗り越えれないものではありません。

一応、人工芝をベビーゲートの代わりに使うメリデメを整理しておきますね。

 

人工芝をベビーゲートの代わりに使うメリット

  • 非常に安くどこでも手に入る(100均とか)
  • 設置が楽々
  • 不要になった場合捨てやすい

人工芝をベビーゲートの代わりに使う注意点

  • 赤ちゃんが乗り越えてくる可能性がある
  • 赤ちゃんが痛い思いをする(裏面設置の場合)
  • 大人が上に乗った時にすごく滑る(らしい)
  • フローリングの場合、床に傷がつく(らしい)

 

赤ちゃんが入ってくると危ない所(台所とか、玄関とか、階段とか)には確実に入って来れないような仕組みは必須だと思います。

では、我が家の人工芝は今どこに設置されているのか。

こちらもオススメの使い方があるので、またご紹介させていただきますね!

 

 

インスタグラムはこちらから

コメント